モビット・主婦でも借りられる?

モビットは、主婦の方にもやさしいカードローン商品です。パートやアルバイトでお勤めの方なら、誰でも簡単にスピードキャッシングが実現します。ただ、モビットは銀行カードローンではありません。親会社は銀行ですが、融資の区分は「総量規制を受ける」消費者金融となります。このため、専業主婦の方など仕事を持っていない方に融資は可決されない仕組みとなっています。

 

モビットの借入に担保や保証人は不要ですが「安定した収入」とモビットが基準とするいくつかの項目(年齢・借入の状況など)をクリアしなければ、スムーズに融資を受けることはできません。

 

【ローンを組むには、仕事を持つことが大切】

主婦の方でカードローン融資を希望される方は簡単な仕事で構いません。給与明細書が受け取れる短時間アルバイトやパートなど、無理のない範囲で仕事を持つようにしましょう。最近では、家庭で仕事をされる主婦の方も増えてきています。内職や在宅ワークなど、特技を活かして仕事をされる方も増えてきているのです。まずは、みなさんのライフスタイルに合った仕事を探してみてください。

 

【年金を受け取った時点でカードローンが使えない?】

モビットの貸付け条件は「20歳以上65歳未満の安定した収入のある方」となっています。この条件さえ満たせば、アルバイトや派遣社員、自営者の方でもモビットカードローンが利用できるのです。

 

最近は、銀行カードローンの一部に「専業主婦でも利用できるローン」が出てきています。ただ、銀行カードローンはモビットのように審査が柔軟に行われる訳ではありません......。数あるカードローンの中でもモビットの借りやすさ、審査の通りやすさはトップクラスと言えます。主婦の方もぜひ、モビットでカードローン審査にチャレンジしてみてください。

モビット・自営者でも借りられる?

自営者に対して(審査が)厳しいローンは多いですが、モビットの場合は自営者の方も安心して利用できます。実際に、自営者の方の多くは「モビットの審査が簡単すぎてビックリした」と驚きの声を上げています。

 

ただ、モビットの場合は他社カードローンのように、商品が細分化されていません。「モビットカード」という名称で、すべての融資を一本化しているのです。

 

【モビットカードには、二種類のサービスがある】

モビットカードという名称でもキャッシュカードを発行するものと、そうでないものが二種類あります。他のページでも詳しく説明していますが、少額融資とスピードキャッシングに関しては、カードの発行がない「Web完結」と呼ばれる利用方法があります。

 

「Web完結」を利用すれば、最短20分程度でローンの申し込み、キャッシングの開始が同時に行えます。ただ、一点だけ注意すべきことがあります。それは、自営者の方は「Web完結」が利用できないという点です。

 

【Web完結の利用条件とは?】

Web完結を利用するには、社会保険証など会社にお勤めの方、もしくは組合の保険証(公務員など)がなければ、利用できないのです。自営者の方は国民健康保険を利用されているので、Web完結から申し込むことができません。

 

またWeb完結は、三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行に個人口座を持っていなければ(Web完結サービスを)利用できません。スピードキャッシングを利用される方はまず、モビットから指定される口座を取得するようにしましょう。

 

【自営者の方は、一般のモビットカードローンがおすすめ】

もちろん、こうしたWeb完結以外の部分では、モビットは「自営者にやさしいカードローン」会社です。営業状況の分かる書類(納品書や見積書など)のほか、収入証明書となる税額通知書や確定申告書の写しを提出すれば、誰でも簡単に審査が受けられます。

 

他社で断られてしまった方も、モビットならスムーズに融資やキャッシングの利用が始められるでしょう。自営者、個人事業主の方はぜひモビットでカード発行の申請を始めてみてください。

モビット・学生でも借りられる?

モビットだけでなく、どのカードローンも「20歳以上の方」しか申し込みができません。反対に20歳以上であれば、アルバイトやパートなど簡単な仕事を持っているだけでカードローンが組めます。

 

【学生の間は、無理な借入をしないこと!】

ただ、収入の安定しない若い間は、無理な借入をなるべく控えるようにしてください。また、学生の間は大きな金額は(カードローンで)可決できません。仮に出来たとしても、5万円〜10万円といったところが相場でしょうか。

 

【学費とカードローン】

また、学生の場合はカードローンだけでなく、低金利でできる学生ローンなどを利用した方が(金利などの面で)得なことも多いです。もちろん、スピードキャッシングは、学生にも使いやすいカードローンとして人気ですが、学生の方なら日本学生支援機構や各学校の奨学金も利用可能です。学費や生活費で困っているのであれば、まずは各学校の学生課に相談してみてください。

 

【生活費とカードローン】

学費以外で困っているという方は、モビットのような銀行系のカードローン会社、もしくは低金利で利用できる銀行カードローンで申し込みをしてみてください。借入が難しい場合は、無理なバイトや融資を組むのではなく、両親や家族に相談することも大切です。学生の間は、無理な借入を優先するのではなく、学業を優先するよう心掛けてください。

 

【学生とクレジットカード】

クレジットカードの中には、18歳から利用できるものがあります。ただ、クレジットカードの場合はカードローンよりも金利が高く設定されていることがネックです......。

 

お金を借りる目的なら低金利のカードローンを利用し、買い物やショッピングをする場合はクレジットカードを使うようにしましょう。クレジットカードは、ショッピングに関しては低い金利で利用できます。中には、金利の高いクレジットカードもあるので、カードを利用する場合は慎重に、クレジットカードとカードローンをそれぞれ比較して、賢く使い分けるようにしましょう。

 

カードローンを利用する場合「信頼できる銀行が一番」と考える方は多いです。その点、モビットは銀行の子会社が融資を行っている(親会社は三井住友銀行)ので学生の方でも安心して利用できます。ぜひ、今後の借入や審査申し込みの参考にしてみてください。